読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【浦和美園E-FOREST】 ① ●●のない街!

 

f:id:aqura-saitamac:20160909153447j:plain

さいたま市採択のスマートシティプロジェクト【浦和美園 E-FOREST】の分譲が始まりました!

先週の土日から内覧会もスタートし、たくさんのお客様にお越し頂いています。

 
E-FORESTは単なる建売分譲ではなく、歩道や街路樹・コミュニティ広場など、「まち」全体を一からデザインしている最先端の住まいです。
 
コンセプトは大きく3つ。
①「防災」 
②「エコ&省エネ」 
③「コミュニティ」
 
今回は、「防災」の視点でご紹介したいと思います。
 
さて、まずこの街にやってくると・・・普通なら必ずあるあるものがこの街にはありません。
何か気付くでしょうか?
 
実際の街並みは一部ですが、こんな感じ・・・
 
 
f:id:aqura-saitamac:20160909151648j:image
 
アキュラホームの区画に近付いてみます。
 f:id:aqura-saitamac:20160909162915j:image
どうでしょう?
難しいでしょうか?
 
 
ヒントです。
下は、別の分譲地の写真。

f:id:aqura-saitamac:20160909154632j:plain

この街並みにはあって、E-FORESTにはないもの…
 
 
 
正解は・・・
 
 
 
 
(ダダダダダダ・・・・)
 
 
 
 
 
 
 
電柱!!(と、電線)
 
 
電柱はなく、電線は全て地中化されています。
 
 
電柱地中化にするメリットは、「美観」とそして「防災」。
地震や台風の際に倒れる事がなく、断線・水害のリスクも減ることから、最新の災害対策として注目が集まっています。
 

f:id:aqura-saitamac:20160909160243j:plain

欧米の都市部では既に電柱地中化は当たり前。ロンドンやパリではなんと100%!だそうです。

 

f:id:aqura-saitamac:20160909170015j:plain

埼玉では川越の菓子屋横丁など。街並み・景観保存の地区で取り入れられています。

 

日本でも徐々に取り入れられ始めていますが、住宅地ではまだまだごくわずか。

浦和美園E-FORESTは、この電線地中化が採用さている貴重な街づくりとなります。

他にもハイブリッド式の最新給湯器エコワンや雨水タンク、太陽光発電システムなどの設備たちが搭載されています。
まさに「未来スタンダード」。
(もちろん、建物の耐震等級も最高ランクですよ!)
 
 
浦和美園E-FORESTは、埼玉高速鉄道浦和美園』駅から徒歩6分です。
駅からも近いので、ちょっと探しているエリアとは違うな・・・という方も是非ご覧下さい♪
最新鋭の家づくり・街づくりは、一度は体感する価値アリ!ですよ~
 
もちろん、防災以外にも、間取りやデザインなどこだわりが盛りだくさんです。
どうぞお気軽にお越し下さい^^
 
●内覧のお申込み・その他のお問い合わせはこちら●
アキュラホーム埼玉中央 048-823-9611
(受付時間 10:00~19:00)
現地へお越しいただく前に、一度お電話にてご予約ください。
平日の内覧も承っております!